スポンサードリンク
   


子どもの習い事と目的。なんの為の習い事ですか?


子どもが習い事を始めたいといった時、
親は 子供にできる限りのことはしてやりたいと思いますよね。
子供がやりたいといった、習い事はできれば習わしてやりたいと思うものです。
でも、習い事の費用が増え、食べていけなくなったら大変です。
なぜ、習いたいのか、どういう目的で習い事を始めたいのか、
それを考えてから子どもの習い事を始めることをおススメします。
005744_li.jpg
最近は ピアノや 水泳 といった、昔ながらの習い事だけでなく、
学習塾へ行く、という もう一つの選択もあります。
子供の習い事は、子どもの人数や、その家の収入によって、
習い事の費用と家計に対する割合が随分と違ってきます。
もちろん、小学校や、中学校、高校、大学で
私学か公立、国立、どんな学校に入学するかによっても
子供にかける費用、習い事にかける費用もかわってきます。



子どもが習い事を始めたいと言ってきた時に
目先の計画ではなく、長い目で見たときに
子供に どういう人生を歩いてもらいたいか、また子供が歩きたいか、
そして、
なぜ習い事をするのか、どういう目的で習い事をするのかを、
子供と一緒に家族でじっくり話し合ってから、決めてもいいと思います。
友達が習うから、周囲との付き合いや見栄で
子どもの習い事を決めることだけは避けたいですね。


子供の習い事の費用は、
家計に対してどれぐらいが許容範囲なんでしょうか。
子どもに残してあげられるものは教育。
それだけに費用の無駄のない習い事をさせてあげたいです。
posted by アラフォー主婦の節約生活 at | 教育費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。