スポンサードリンク
   


家計費の節約、食費とエンゲル係数。


家計を節約するために、主婦が一番手を付けやすいところは食費です。
家計費の中の食費の割合が適切がどうか考えてみたいと思います。
食費を節約するにも何を目標にしたらよいかわからないですね。
そこでエンゲル係数のことを思い出してみましょう。
エンゲル係数。学生のときにどこかのタイミングで習って勉強してきたはずです。
ちょっと、懐かしいですね。その時は実際の生活にあまり関係なく、
どこか別世界のことのように考えていたのは私だけでしょうか。
自分が主婦になって家計を節約するために 食費やその他の支出のバランスを考えた時に
エンゲル係数が参考になることに気づました。

食費の節約、エンゲル係数

エンゲル係数とは ずばり、食費にかかるお金が家計(消費支出)の何%を占めるか、という数字です。
エンゲル係数(%)=食料費÷消費支出×100
がエンゲル係数を算出する計算式となります。



家族の人数や生活スタイルにより各々違ってくるので一概には言えませんが
一般的に、エンゲル係数が高くなるほど、食費以外にお金がまわせない状態で、
生活は苦しいとされています。
総務省から家計調査のデーターをもとに出された数字は、
一般的に家計費の中の食費は 毎月使っているお金の内の2割と言われています。
この食費というのは、米、酒、外食費なども含めての2割です。
家計費の内、食費はもっと節約するべきかどうか、エンゲル係数を算出してみませんか。
posted by アラフォー主婦の節約生活 at | 食費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク