スポンサードリンク
   


主婦が頑張る節約方法。ノン・ストレスが基本です。


主婦節約を心がけて、いろんな事にチャレンジすることはよいことですが、
それが逆にストレスになってしまっては 元も子もありません。
ストレスになるような節約にならないように、
家庭を守る主婦として、どういう風な心の持ち方で
節約すればよいのでしょうか。

頑張って頑張って節約をした月の翌月は、そのリバウンドがやってくる。
それが私のダメなところです。
リバウンドしない節約をするには どうすればよいのか、
自分の節約の方法を今一度、見つめ直してみました。

そもそも、今はカリスマ主婦みたいな人が雑誌やネット登場し、
いろんな方法でさらりと節約をし、
「貯金をいくら貯めました。」
なんていう事を言ってくれます。
そういう主婦をみていると、自分がいかにダメ主婦か、
なんの計画性もなく毎日を過ごしているか、という気持ちになります。
それが雑誌を買ってもらうための手法なんだ、とわかっていても
つい乗せられてしまう主婦、それが私なのです。

検索の多いページはこちら 
エンゲル係数と家計費の目安はどれくらい?
主婦ママができる節約って?
経済ジャーナリストの荻原博子さんから習う家計の見直し

無理して真似てみても、所詮自分の方法ではない節約なので、
イッパイの我慢で行なう節約となってしまいます。
そうしてある程度の節約できた感に満足してしまうと、
その反動が翌月にきてしまうのです。
これでは節約をする前よりも出費が多く、
逆に管理ができていない状態になってしまいます。

自分で家計を管理している主婦は、どうしても自分自身を追い込みがちですが、
まずは自分らしさを基盤に、
そして自分の家庭にあった節約を無理なく行なう、これが大切ですね。
情報が多すぎると、つい自分らしさを忘れてしまいがちです。
ストレスがたまるような節約方法はやめるにつきます。
posted by アラフォー主婦の節約生活 at | 家計費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク