スポンサードリンク
   


エンゲル係数と家計費の目安はどれくらい?


エンゲル係数。習いましたね、懐かしい響きです。
あの頃は授業の中、教科書の中だけの世界で、
エンゲル係数について、
自分の事として置き換えて考えることはありませんでした。

エンゲル係数
つまり、自分の家の食費が多いか少ないか、
その目安をハッキリできる係数となります。
教科書的に復習説明すると、
エンゲル係数とは、食費にかかるお金が家計(消費支出)の何%を占めるか、を表します。
計算式としては
エンゲル係数(%)=食料費÷消費支出×100。

エンゲル係数と家計費の目安

一般的にエンゲル係数が高くなるほど、
食費意外にお金がまわせないで、生活は苦しい状態とされています。
ですからエンゲル係数で、生活の状態の目安がたつということですね。

平成26年度の総務省の家計調査によると、
全世帯のエンゲル係数の平均は22.3%となっています、
つまり、毎月使っているお金のざっくりと約2割が、食費という目安になります、
もちろん、これは全世帯の平均なので
全てのパターンがあてはまるわけではありません。少し注意が必要ではあります。
でも、エンゲル係数からの家計費を考えるときの目安にはなります。



それでは自分の家の家計費、エンゲル係数はどうなっているでしょうか。
家計簿をつけている人は、すんなりと統計を取ることができるでしょう。
もし、貴女が家計簿をつけていなければ、
この先一ヶ月分の食費を出してみましょう。
きちんと出すことが苦手な人は、レシートを残しておくことから始めてみましょう。
この食費は、外食も、自動販売機で買った飲み物も、
みんな入るので気をつけておきましょう。
そして、貯金、ローンや借金等の返済額、生命保険等の保険料、税金、社会保険料、
これらをひと月の収入から引いた物が 実際に使ったお金「消費支出」となります。

合わせて閲覧されている関連ページはこちら 
主婦が頑張る節約方法。ノンストレスが基本です。
食材をまとめ買いして節約生活を始めましょう
<家計簿のつけ方のいろいろ。アプリに袋わけ、主婦の家計管理を考えよう!>

そして計算。
エンゲル係数(%)=「食料費」÷「消費支出」×100
出た数字がエンゲル係数です
もちろん、エンゲル係数は各家庭のライフスタイルによって変わってきます。
外食の多い家庭、高級ワインを好む家庭など
エンゲル係数が高くなる要因もそれぞれです。
ですから、となりの家庭と比較するのではなく、
自分の家庭の家計費の目安として
食費がどのくらいかかっているかを知ることが目的となります。
エンゲル係数を出してみることにより、
食費とのバランスや家計の見直し、
ライフスタイルの見直しの目安として、役立てるといいと思います。
posted by アラフォー主婦の節約生活 at | 食費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク