スポンサードリンク
   


家計管理と食費と子どもの成長


子どもの成長とともに 
家計における食費が占める割合が
大きく変動してくることがわかります。

子どもが乳児の頃は 
食費で家計を圧迫することはありませんでした。
それよりも医療費などが家計を大きく引っ張っていました。
もちろんまだ、子どもがどんな風に成長するか、も未知ですし
また、夫婦として、家族として、どんなスタイルを築いていくかは
定まっていない場合が多いですね。
つまり、どんな家に住むか、とか
子どもがどういう希望を持ち、進路をどうするか、
ということが決まっていないということです。
ですからとりあえず 貯金をする。
お金を蓄えておくことが賢明であると思います。

子どもが赤ちゃんであるこの時期、この時点で
食費というものは
割と頭から抜け落ちているのです。

しかし、子供の成長とともに
この食費がどんどん膨らんできて 
家計の中で なんとなくごまかせる存在ではなくなってきます。
もちろん、子供の数、子どもの性別によっても
家計の中で食費が占める割合は違ってきます。

それから 子どもの生活スタイルによっても食費は違ってきます。
例えば、学校が給食がお弁当か、
子どもが運動部か、とか塾にお弁当を持っていくか、とか
そんな些細なことでも 食費を大きく左右します。

子どもの成長は嬉しいものですが
家計の管理はしっかりとしていかなくてはなりませんね。
子どもの成長とともに
食費が占める割合は いつも意識して管理したほうがよいでしょう。


posted by アラフォー主婦の節約生活 at | 食費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。