スポンサードリンク
   


主婦が頑張る節約方法。ノン・ストレスが基本です。


主婦節約を心がけて、いろんな事にチャレンジすることはよいことですが、
それが逆にストレスになってしまっては 元も子もありません。
ストレスになるような節約にならないように、
家庭を守る主婦として、どういう風な心の持ち方で
節約すればよいのでしょうか。

頑張って頑張って節約をした月の翌月は、そのリバウンドがやってくる。
それが私のダメなところです。
リバウンドしない節約をするには どうすればよいのか、
自分の節約の方法を今一度、見つめ直してみました。

そもそも、今はカリスマ主婦みたいな人が雑誌やネット登場し、
いろんな方法でさらりと節約をし、
「貯金をいくら貯めました。」
なんていう事を言ってくれます。
そういう主婦をみていると、自分がいかにダメ主婦か、
なんの計画性もなく毎日を過ごしているか、という気持ちになります。
それが雑誌を買ってもらうための手法なんだ、とわかっていても
つい乗せられてしまう主婦、それが私なのです。

検索の多いページはこちら 
エンゲル係数と家計費の目安はどれくらい?
主婦ママができる節約って?
経済ジャーナリストの荻原博子さんから習う家計の見直し

無理して真似てみても、所詮自分の方法ではない節約なので、
イッパイの我慢で行なう節約となってしまいます。
そうしてある程度の節約できた感に満足してしまうと、
その反動が翌月にきてしまうのです。
これでは節約をする前よりも出費が多く、
逆に管理ができていない状態になってしまいます。

自分で家計を管理している主婦は、どうしても自分自身を追い込みがちですが、
まずは自分らしさを基盤に、
そして自分の家庭にあった節約を無理なく行なう、これが大切ですね。
情報が多すぎると、つい自分らしさを忘れてしまいがちです。
ストレスがたまるような節約方法はやめるにつきます。
posted by アラフォー主婦の節約生活 at | 家計費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

主婦の貯金は家計の見直し、そして節約。


主婦貯金をするには、やはり、節約の道が一番の近道かもしれません。
パートやアルバイトに出たところで 
主婦が稼ぐことのできる額には限界があります。
パートやアルバイトをしながら 節約もできたら、
貯金も前向きに進んでいくのではないでしょうか。





では、その節約について考えてみたいと思います。
節約をするには、まず、どこに無駄があるか、それを見つけなければなりません。
主婦の節約法として「無駄を見つける」その為にはやはり、
家計簿をつけてお金の流れをしっかりと把握する必要があります。

こちらのページも閲覧されている人気ページです💡
住宅ローン、家計に占める割合はどれぐらいですか?
食材をまとめ買いして節約生活を始めましょう
家計簿のつけ方のいろいろ。アプリに袋わけ、主婦の家計管理を考えよう!

ところが、上手く節約、貯金できない主婦の大半は
家計簿をつけていないという主婦が多い、ということがわかりました。
なぜ、家計簿がつけられないか、それは
「手間がかかって面倒だから」、ということが主婦の声です。



そんな時、便利なアプリが沢山あります。
今はスマホやパソコンをほとんどの主婦が使うことができるでしょう。
ひと昔前のように毎日、ノートに記さなくても、
レシートの写真を撮影して送信するだけでまとめて計算してくれる家計簿アプリや、
銀行を提携を結んで カードの引き落としや給料振込まで
一括して管理してくれるアプリもあります。
それらのものを使い、まずは家計の流れを確認し、見直し。
そして節約していくことが望ましいですね。
無駄が見えれば自ずと貯金もできるはずです。
節約ばかりに目を向ければ息切れもしそうですが それが貯金となり
実際に増えていけば 目的ができ 節約もつらくなくなるのではないでしょうか。
主婦の貯金は まずは家計の管理、見直し。そして節約。頑張ってみませんか。
posted by アラフォー主婦の節約生活 at | 家計費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

専業主婦のおこずかい事情。相場はいくらくらい?


専業主婦が自由に使えるお金、お小遣い。
専業主婦のおこずかいって、相場はいくらくらいなのでしょうか。
聞いてみると、専業主婦にはこずかいはなし、という家庭が多いと思います。
専業主婦のお小遣いがなしというのは、
良い面と悪い面がとても多く含まれているので、とても注意が必要だと思います。





なぜならば、専業主婦のおこずかいは、
家計費と一緒になってしまう可能性が大きいからですね。
だから、おこずかいとしていくらが適切なのか、
専業主婦の小遣いの相場はいくらくらいなのか、を把握しておかないと
つい使いすぎて、家計費とのバランスがおかしくなってしまいます。

もちろん、その逆で、もっと自分に使ってもよい費用を
専業主婦はただただ節約して、我慢してしまうという傾向もあります。
自分自身がそれで心の消化ができるのならば問題ありませんが
あまりにも我慢をしすぎて、物欲等を封じ込めすぎると
ストレスとなり、決して良い結果にはなりません。
家庭の中で誰か一人の自己犠牲の元に成り立つ節約は、良いケースとはいえません。

あるデーターでは、夫の手取り収入の2〜5%が
専業主婦のお小遣いとしての相場だといわれています。
もちろんこれはあくまで、一つの例えですから
各家庭の様々な事情や状況により一概にはいえません。
でも、専業主婦のおこずかいの相場はこれくらい、という
一つの目安として参考にするのはよいでしょう。

専業主婦が自分用として
しっかりとしたお小遣いを確保することは良いことだと思います。
完全に家計費とは別ものとして管理することができますね。
気がねなく自分の好きに使うことができます。
おこずかいがあるからといって、必ず使いきらないといけないわけではありません。
主婦の知恵をはたらかせ、おこずかいを上手にコントロールするとよいですね。
posted by アラフォー主婦の節約生活 at | 家計費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福袋の予約販売を利用して、主婦はお得に節約しましょう!


お正月に夢いっぱいの袋は、そう、福袋
いつも、年明けのテレビでニュースになっていますね。
朝早くから、百貨店に並んでお目当てのブランドの福袋をゲットしている姿に、
「私は無理だなぁ。あんなにエネルギーないわ。」
と思っているのは きっと私だけではないはず。
でも、お得な福袋には興味あるし・・ということで、
ちょっと調べてみると、福袋のお得情報が沢山あるではないですか!

福袋の予約販売を利用して、主婦はお得に節約

🎵いろんな福袋があります。キッズ、食品、など 福袋ネタバレですよ🎵

そもそも、「福袋は年明け」なんて思っていたことが間違いだったんですね。
今は福袋を年が明ける前から予約販売をしているんですよ。
充実しているのは福袋の通販。そう、ネット販売ですね。

今は福袋を 早いところでは10月くらいから予約販売をしているんですね。
それも、何が嬉しいかというと、全部 袋の中身がわかること。福袋がネタバレなんです。
店頭で売っている福袋は入り口がしっかり封されていて、中身も何が入っているかお楽しみになっています。
もちろん、金額よりずっとお得にできているのですが、
全くいらないものも入っているのが福袋の困ったところ。
それが、ネットでの事前予約ならば 中身を確認して購入申し込みができるのですから
こんなにお得感満載ものもはありません。



高島屋、阪急百貨店をはじめ、大手のデパートの福袋はもちろん、
有名ブランドや、子ども服、食品までも通販で福袋を手に入れることができます。
こんな便利な福袋を利用して お得なお買い物をしてこそ、
主婦ならではの節約の知恵ですね。今年は 福袋をチェック、ゲットしてみませんか。
posted by アラフォー主婦の節約生活 at | 家計費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

専業主婦がおしゃれにかけるお金はどのくらいですか。


専業主婦が家計をやりくりする時、
どうしても自分のものから節約してしまう、
そんな話を同じ専業主婦の人から聞いたことがあります。
これは私も全く同じです。
専業主婦おしゃれにかけるお金も ついつい節約しがち。
そんなに高価なものを買っているわけではありませんが、
家計節約に頑張っている時に 自分のファッションに費用を出すことには
ちょっと抵抗があり、おしゃれにかけるお金から節約しようとしてしまいます。

専業主のおしゃれにかけるお金

確かに、最低限の洋服やバッグ、靴があれば
そんなに数が多くなくてもやっていけます。
家族の衣食住を脅かすことはできないので、
やはり、節約するのは専業主婦のおしゃれにかけるお金になってしまう可能性はおおきいです。
でも、だからといってあまりにも惨めな主婦になることは避けたいですね。
できれば綺麗な主婦であってほしいと、子供たちも夫も思っているかもしれません。

おススメのブログ集はこちら 
40代からの素敵なおしゃれファッションブログ!
大人女性のメイクの悩み解消法
40歳からの女性美学

結局のところ、専業主婦のおしゃれにかけるお金というものは
家計とおしゃれにかけるお金とのバランスになるといってよいでしょう。
両方のバランスが上手にとれてはじめて
おしゃれも節約も楽しく賢くできるのかもしれません。
最近はファッションブランドもコスパブランドで素敵なものが多くでき、
それらのショップも商品も、インターネットを使い購入することができます、
ひと昔のように、安いものは悪い、とかダサいとかいうことは全くなく、
コストパフォーマンスの、よいブランドで自分好みのファッションを
素敵に楽しむことができる時代です。
専業主婦だからといって、
自分にかける費用を節約しすぎる時代はおしまいです。
オシャレにかけるお金も家計とのバランスに注意しながら
自分磨きも楽しみましょう。
posted by アラフォー主婦の節約生活 at | 家計費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年末掃除ででた本、CD、DVD、ゲームソフトはネットでリサイクル


いよいよ今年のカレンダーもあと一枚になりました。
年末がくると、恒例の大掃除をするのですが、
今年は やましたひでこさんの本に触発されて
「断捨離」をしようと思います。
年末掃除ででた本、CD、DVD、ゲームソフトはネットでリサイクル
家には沢山の風景となってしまっている、ゴミ一歩手前のものがあります。
そのひとつが。そしてCD、DVD、ゲームソフト



どれも、買ったときは一生懸命読むし、聞くし、見るし、遊ぶし、なんですが
一通り終わってしまうと、手に取ることが少なくなってしまうものばかりです。
廃品回収やゴミ箱へ直行してもよいのですが
どうせ、捨ててしまうのならば、リサイクル店に出して 
次に必要としている人へお届けしましょう。

リサイクル店に出すと、当然自分にも利益がうまれるわけで
多くはなくても それでケーキでも食べられたら 
こんなに贅沢で楽しいお金の使い方はありませんね。
ところが いざ重いや かさばるCD、DVD、ゲームソフト
店頭へ持っていくとなると 結構億劫なものです。
これが断捨離できない理由でもありますね。





お勧めなのがネットリサイクル
これだけのネット社会になっているわけですから 
ネットリサイクルも当たり前といえばあたりまえですね。
ちょっと調べてみると ネットリサイクルの会社もいつのまにか沢山できています。
会社によって 買い取り値段や条件が違ったりしますので、
いくつかのネットリサイクル店を比較して決めるとよいと思います。





ここでは、「儲けよう」なんて思わないで、
ゴミ箱へ捨てることを思ったらちょっとお得!
くらいの思いで ネットリサイクルにお願いすることをおススメします。
年末掃除ででた本、CD、DVD、ゲームソフトネットリサイクルへ。
手間もはぶけて、ちょっとしたおこずかいにもなって
そして、お部屋も綺麗になる。なんだか良いことづくめですね。
posted by アラフォー主婦の節約生活 at | 家計費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経済ジャーナリストの荻原博子さんに習う家計の見直し。


経済ジャーナリストの荻原博子さん。
私が始めて知ったのは、お昼のワイドショー的番組内の
「お宅の家計見直し」といったようなコーナーでした。
あの時に、どこにでもいるおばさんのように見えた(荻原博子さん、スミマセン・・)
荻原博子さんが、素人さんの家庭の家計の無駄を診断してくれて、
「こんな知り合いのおばさんがいたらいいなぁ。」
なんて思ったことを覚えています。

今では、なんだかすっかりオシャレになられて、
お話しの内容も家庭の家計だけにとどまらず、
世の中のお金の話しも沢山してくれますね。
主婦にわかりやすく、主婦が送っている生活にリンクした内容が多いので
私は荻原博子さんの話しは、家計の見直し時に参考にしています。

荻原博子さんの話しのわかりやすいのは、主婦の目から家計のノウハウを説いていること。
経済危機や雇用不安な日々を乗り越えるためには、
先ず家計簿をつけようとも、荻原博子さんは述べています。

荻原博子さんが出版されている数々の本も参考になりますよ。ひらめき


2011年に起こった東北大震災の関係で
東京電力が事業者向けの電気料金を2割程度上げる見通しと発表してきました。
個人の電気料の値上げも検討中とか。
子ども手当に所得制限がつけられる見通しもあり、また
復興増税の住民税負担、それにずっと話題になっているのが、消費税。



どれをとっても結局、増税。
私たちの暮らしは楽になっていくとは考えられません。
だからといって、嘆いてばかりいられません。
今から間違いなくやってくる、家計に厳しい毎日、家計に厳しい世の中のために、
家庭を守る主婦は、今一度家計の見直しをしてみましょう。
posted by アラフォー主婦の節約生活 at | 家計費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家計簿をつけて節約生活をしましょう。


家計簿をつけていますか。
家計簿をつけることによって家計管理がしやすくなり、
家計の無駄が見えてくると、当然節約ができます。
節約ができれば、生活に少しでも余裕がでてくるはずですね。
その余裕を貯蓄に回したり、美味しいものを食べたり、
欲しかったアクセサリーを買ったりと、生活も心も潤うはず。
家計簿、節約生活、家計費、家計管理
節約の結果が自分への楽しみに変われば、
また家計簿をつけるモチベーションがあがりますね。

揺れるハートいろんな家計簿があります。貴女の使いやすい家計簿はどれかしらexclamation&question

決められた家計のなかで 無駄を省き生活を見直す。
そうすることから、生活のどこかで豊かさを感じる。
良い感じで家計がまわりだすと 日々が明るくなると、私は感じています。
面倒に感じる家計簿も、自分の心を潤うために結果が出たら
家計簿をつけるモチベーションが上がるはず。
それで家計の無駄を取り除くことができれば、
家計簿をつけるにこしたことはありません。



やはり家計簿をつけて、家計の見直しをしたほうが良い感じがしませんか。
しっかりした家計簿でなくても、
また、今 流行りの雑誌にでてくるようなしっかり主婦でなくてもよいのです。
毎日でなくても、一週間単位でもいいから、
とにかくまずは家計簿をつけるように心掛けてみましょう。
長年にわたり、当たり前のように思っていた生活のあちらこちらに
無駄が見えてくるかもしれませんよ。
さあ、家計簿をつけて、節約生活にチャレンジしましょう!
posted by アラフォー主婦の節約生活 at | 家計費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家計診断の無料相談はできるのでしょうか


自分がしている家計管理が適切かどうか、誰かに相談したいと思ったことはありませんか。
自分の家計管理を 診断してもらいたい、相談したいと思うことはあっても、
家計の話しはデリケートであり、プライバシーの問題もあり
なかなか身近な人には相談できませんね。
そんな時は、家計診断を仕事でしているようなところを探しましょう。

家計診断の無料相談

テレビで荻原博子さんが いろんな家族の家計診断をされている番組を見て
「いいな」って思ったことがありますが、顔出ししなくてはならないし、ハードルが高いですね。
新聞やタウン誌でも ファイナンシャルプランナーが家計診断してくれるコーナーをよく見かけますが
申し込んでも 自分の家計診断をしてくれるかどうかはわかりません。



何かよい知恵はないものかと思っていると、最近はインターネットで
無料で家計診断してくれるサイトがあるのですね。
もちろん、ある程度の公式にあてはめて診断するものが多いので
どれだけ細かいところまで正確に診断されるかというと、難しいところもありますが
無料で家計診断の相談ができると考えれば ある程度の家計の目安になれば十分だと思います。
もちろん、きちんと家計診断をしてもらいたい場合は、無料ではありませんが
プロのファイナンシャルプランナーを紹介してくれるサイトもあります。
自分の家計管理が適切かどうか相談にのってもらい 家計診断をしてもらうこともよいですね。
posted by アラフォー主婦の節約生活 at | 家計費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まずは簡単に家計簿をつける習慣づけをおすすめします


簡単に家計簿をつけるおすすめの方法はないものでしょうか。
どうしても家計簿がつけられない、そんなことを悩んでもう何年が過ぎたでしょうか。
子どもが大きくなり、教育費の負担も また、食べる量も増えて
食費も今までとは大きく変化してきました。
ここはしっかりと家計に向き合わなくてはなりません。
その為に家計簿をつける習慣は必要となってきました。


るんるんこんな財布で家計管理も簡単おすすめでするんるん

もともと家計簿をつけることは得意ではないので、難しく考えなくてもよい、
簡単につけられるおすすめの家計簿は何かないものでしょうか。
最近はスマートホンも普及され、簡単に家計が管理できる家計簿アプリも多くあるようですね。
もちろん、従来の家計簿、つまりノートに記していくものでもよいと思います。
簡単に家計簿をつけるおすすめのコツは項目を多くしないこと。
つまり、支出科目を5つくらいにしてざっくりと家計管理することが
長く簡単に家計簿を継続できるおすすめの方法だと思います。

・固定生活費(家賃、保険など)
・変動生活費(食費、日用生活品、衣料など)
・娯楽費(レジャー、趣味など)
・子ども費(教育費、おこずかいなど)
・その他雑費(交通費、交際費、慶弔費など)


はじめはこれぐらいで簡単に家計簿を管理することがおすすめですね。
そして、だいたいの流れがつかめてきて、家計簿で家計費を管理するが習慣づけば
あとはオリジナルに考えればよいと思います。
まずは家計簿を簡単につけて習慣つけることをおすすめします。
posted by アラフォー主婦の節約生活 at | 家計費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。