スポンサードリンク
   


確定申告の時期がきました。医療費控除の申請を忘れていませんか?


2月になれば確定申告の申請が始まります。
「私には関係ないわ・・」なんて思っていませんか。
医療費控除ができるのに、何も申請しないままの人が多いようです。
申請しないなんて、もったいない!

生計が同じ家族で一年間に支払った医療費が
10万円を越えたか、所得金額の5%を越えている場合、
確定申告をすると税金が戻ってくるんですね。
そう、医療費控除が受けられるんです。

各家庭の所得などにより、戻ってくる税金の額は違いますが、
戻ってくるものがあるのにそのままにしておくなんて、
家庭を守る主婦としては残念なことです。
例えわずかな額であっても、
きっと、家族のために役立つ使い方があるはずですから。



医療費控除申請についての参考本が沢山あります。見ながら作業するとわかりやすい揺れるハート

予防接種や、赤ちゃんのオムツ、大人の歯の矯正費など
医療費として認められないものも沢山ありますが、
逆に妊娠検診費や分娩・入院費、市販のお薬の購入など、
「こんなものまで申請できるの?!知らなかった!」
という項目もあります。

大人の家族だけですと、一年間に支払った医療費は
なかなか10万円は超えませんが、
小さな子どもがいたり、大人でも高齢者のいる家族でしたら、
気付かない間に10万円以上の医療費を支払っていたりするものです。
騙されたつもりで、1月から12月までの医療関係に支払った費用の
領収書を集めてみましょう。

姉妹サイトも頑張っています。ご覧になってみてくださいひらめき
次項有 40歳からの女性美学
次項有 40歳からのヘアストーリー
次項有 40歳からのアラフォーコスメ
次項有 中学生の子どもを持つ親のあれこれ子育てブログ

病院にいくタクシーも、場合によっては控除の対象になるので、
領収書をもらっておくことを忘れずに、習慣づけましょう。
また公共の交通機関を利用したときも、
乗車区間をメモして残しておく習慣をつけておくといいですね。

ちょっとしたお小遣い程度の金額は戻ってくるはずです。
たとえ千円でも無駄にはしたくありませんものね。
初めての申請のときは、手続きや作業に少し戸惑うかもしれません。
ややこしく感じる確定申告、医療費控除の申請ですが、
一度コツを覚えてしまえば、なんてことない医療費控除の申請でもあります。
確定申告の時期に嫌になってしまわないために、
医療費控除申請の準備を、前もって準備しておくことも良い案ですね。
posted by アラフォー主婦の節約生活 at | 医療費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク