スポンサードリンク
   


主婦の貯金は家計の見直し、そして節約。


主婦貯金をするには、やはり、節約の道が一番の近道かもしれません。
パートやアルバイトに出たところで 
主婦が稼ぐことのできる額には限界があります。
パートやアルバイトをしながら 節約もできたら、
貯金も前向きに進んでいくのではないでしょうか。





では、その節約について考えてみたいと思います。
節約をするには、まず、どこに無駄があるか、それを見つけなければなりません。
主婦の節約法として「無駄を見つける」その為にはやはり、
家計簿をつけてお金の流れをしっかりと把握する必要があります。

こちらのページも閲覧されている人気ページです💡
住宅ローン、家計に占める割合はどれぐらいですか?
食材をまとめ買いして節約生活を始めましょう
家計簿のつけ方のいろいろ。アプリに袋わけ、主婦の家計管理を考えよう!

ところが、上手く節約、貯金できない主婦の大半は
家計簿をつけていないという主婦が多い、ということがわかりました。
なぜ、家計簿がつけられないか、それは
「手間がかかって面倒だから」、ということが主婦の声です。



そんな時、便利なアプリが沢山あります。
今はスマホやパソコンをほとんどの主婦が使うことができるでしょう。
ひと昔前のように毎日、ノートに記さなくても、
レシートの写真を撮影して送信するだけでまとめて計算してくれる家計簿アプリや、
銀行を提携を結んで カードの引き落としや給料振込まで
一括して管理してくれるアプリもあります。
それらのものを使い、まずは家計の流れを確認し、見直し。
そして節約していくことが望ましいですね。
無駄が見えれば自ずと貯金もできるはずです。
節約ばかりに目を向ければ息切れもしそうですが それが貯金となり
実際に増えていけば 目的ができ 節約もつらくなくなるのではないでしょうか。
主婦の貯金は まずは家計の管理、見直し。そして節約。頑張ってみませんか。
posted by アラフォー主婦の節約生活 at | 家計費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

専業主婦のおこずかい事情。相場はいくらくらい?


専業主婦が自由に使えるお金、お小遣い。
専業主婦のおこずかいって、相場はいくらくらいなのでしょうか。
聞いてみると、専業主婦にはこずかいはなし、という家庭が多いと思います。
専業主婦のお小遣いがなしというのは、
良い面と悪い面がとても多く含まれているので、とても注意が必要だと思います。





なぜならば、専業主婦のおこずかいは、
家計費と一緒になってしまう可能性が大きいからですね。
だから、おこずかいとしていくらが適切なのか、
専業主婦の小遣いの相場はいくらくらいなのか、を把握しておかないと
つい使いすぎて、家計費とのバランスがおかしくなってしまいます。

もちろん、その逆で、もっと自分に使ってもよい費用を
専業主婦はただただ節約して、我慢してしまうという傾向もあります。
自分自身がそれで心の消化ができるのならば問題ありませんが
あまりにも我慢をしすぎて、物欲等を封じ込めすぎると
ストレスとなり、決して良い結果にはなりません。
家庭の中で誰か一人の自己犠牲の元に成り立つ節約は、良いケースとはいえません。

あるデーターでは、夫の手取り収入の2〜5%が
専業主婦のお小遣いとしての相場だといわれています。
もちろんこれはあくまで、一つの例えですから
各家庭の様々な事情や状況により一概にはいえません。
でも、専業主婦のおこずかいの相場はこれくらい、という
一つの目安として参考にするのはよいでしょう。

専業主婦が自分用として
しっかりとしたお小遣いを確保することは良いことだと思います。
完全に家計費とは別ものとして管理することができますね。
気がねなく自分の好きに使うことができます。
おこずかいがあるからといって、必ず使いきらないといけないわけではありません。
主婦の知恵をはたらかせ、おこずかいを上手にコントロールするとよいですね。
posted by アラフォー主婦の節約生活 at | 家計費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福袋の予約販売を利用して、主婦はお得に節約しましょう!


お正月に夢いっぱいの袋は、そう、福袋
いつも、年明けのテレビでニュースになっていますね。
朝早くから、百貨店に並んでお目当てのブランドの福袋をゲットしている姿に、
「私は無理だなぁ。あんなにエネルギーないわ。」
と思っているのは きっと私だけではないはず。
でも、お得な福袋には興味あるし・・ということで、
ちょっと調べてみると、福袋のお得情報が沢山あるではないですか!

福袋の予約販売を利用して、主婦はお得に節約

🎵いろんな福袋があります。キッズ、食品、など 福袋ネタバレですよ🎵

そもそも、「福袋は年明け」なんて思っていたことが間違いだったんですね。
今は福袋を年が明ける前から予約販売をしているんですよ。
充実しているのは福袋の通販。そう、ネット販売ですね。

今は福袋を 早いところでは10月くらいから予約販売をしているんですね。
それも、何が嬉しいかというと、全部 袋の中身がわかること。福袋がネタバレなんです。
店頭で売っている福袋は入り口がしっかり封されていて、中身も何が入っているかお楽しみになっています。
もちろん、金額よりずっとお得にできているのですが、
全くいらないものも入っているのが福袋の困ったところ。
それが、ネットでの事前予約ならば 中身を確認して購入申し込みができるのですから
こんなにお得感満載ものもはありません。



高島屋、阪急百貨店をはじめ、大手のデパートの福袋はもちろん、
有名ブランドや、子ども服、食品までも通販で福袋を手に入れることができます。
こんな便利な福袋を利用して お得なお買い物をしてこそ、
主婦ならではの節約の知恵ですね。今年は 福袋をチェック、ゲットしてみませんか。
posted by アラフォー主婦の節約生活 at | 家計費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

賢い主婦は愛用してます。 節水にお料理に便利なパスタ鍋!


節水パスタ鍋をご存知ですか。
出始めの頃は「何だこれは?」と不思議なお鍋の形に驚きましたが、
最近はガスだけでなく、IH対応の節水パスタ鍋も出ているようで、
既にお馴染みの節水パスタ鍋になりました。
まだ知らないという主婦もおられるかもしれませんね。



節水パスタ鍋はその名の通り、
少しの水でパスタをゆがくことができるという優れモノです。
考えてみれば、パスタを湯がく時って、大量のお湯が必要で、
おまけにそんなお鍋ですから、大きくて、お湯を捨てる時にひと苦労、
そんな経験を一度はしたことがあると思います。
その上、使っていない時も、結構邪魔になるパスタ鍋です。

このページを読んだ方は次も検索されています 
ネットスーパー、各社を比較してよりお得に、より便利に。
家計費の節約、食費とエンゲル係数。
主婦が考える 太陽光発電の装置と価格

節水パスタ鍋は、節水とついているだけあって、
光熱費を節約する主婦にとっては嬉しい、
少量のお水でパスタを作ることができる、すなわち、
水だけでなく、ガスも電気も節約していることに繋がるというものです。
もっと突き詰めて考えるならば、
主婦の時間も、無駄なく効率よく使える、ということに繋がっていきます。

例えば、夏休みや冬休み。
子供たちがお昼ご飯を必要とするときも
手早くパスタランチを提供することができることになるでしょう。
インターネットを検索すれば
多くの節水パスタ鍋が販売されています。
店頭ではまだまだ見ることがない節水パスタ鍋ですが
知名度はじわじわと上がってきているようです。
手早く湯がくことができるようになれば、
パスタメニューは、主婦の得意メニューの一つに
プラスされること間違いなしですね。
次のお鍋は節水パスタ鍋にしてみませんか。
posted by アラフォー主婦の節約生活 at | 水道光熱費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家計費の中で食費の割合はどのくらい?私の今月の食費代。


家計費節約していく中で、
主婦にとって一番手をつけやすいものは食費。
裏を返せば、油断をすれば
食費はついうっかり使いすぎる、とい可能性もあるということ。
一体、何を目安に食費を節約すればよいか、
家計費の中での食費の割合が どのくらいが適切かわかれば、
食費の節約もしやすくなるのではないでしょうか。
節約、節約、といっても何か目標がなければ、節約もしにくいものです。

家計費の割合と節約

いろんなサイトや書籍、
ファイナンシャルプランナーの方の話しを 私なりにまとめてみると、
だいたい、月収の12〜20%の割合で
食費をやりくりできていたら いいみたいですね。
(食費の割合の幅は家族構成などによるものです。)


 ずっと手取り20万円台でも毎月貯金していける一家の家計の「支出の割合」 約7000世帯の家計...

いかがですか・・
食費の割合は20%までで やりくりできていますか。
もしできていなかったら、どこかに無駄はないか、
買った食材は全部使いきれているか、
お買い得商品だからと、つい買いすぎたりしていないか、など見直してみましょう。
また、そこでの買い物がお得かどうか、
今はネットショッピングがあったり、またいろんなポイントが使えたり、
様々な買い物のスタイルがあります。
家計費の中での食費の割合が分かった以上、その中におさまるように、
できることはとりあえずチャレンジしてみましょう。

家計費の中の食費の割合がだいたいわかってきたら、
1日にいくら使っていいかまで計算することができますね。
ということは、安心して使える食費がどれくらいか、わかったということなのです。
そうなれば、
次は光熱費や教育費、そして貯蓄など、
家計費の割合をもとに目標をかかげることができます。
まずは家計費の中の食費の割合、ちょっと意識して節約してみませんか。
posted by アラフォー主婦の節約生活 at | 食費 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク